キレイだねって言われたい!40代でもあきらめない美活♪

元汚肌のアラフォー主婦です。美肌は作ることができます!ハリツヤあふれる美的生活を送りましょう♪

楽園のカンヴァス

calendar

「楽園のカンヴァス」 原田マハ

岡山の大原美術館で監視員として働いている早川織絵は母と少し反抗期の娘とともに穏やかに暮らしていた。

しかし突然ニューヨークの近代美術館MoMAのキュレーターから交渉役としての指名を受ける。
織絵にはアンリ・ルソーの世界的な研究者としての過去があったのだ。
そして美術界から姿を消した秘密もあった・・・

アンリ・ルソーやピカソといわれてもさっぱりなわたしが一気に読んでしまいました。
すばらしい大作だと思います。

原田マハさんは旅好きで有名ですが、美術の世界にも精通しているんですね~。
というのも早稲田の美術史科を卒業後は次々に有名な美術館に勤めていらっしゃいます。

実際MoMAにも勤務した経験もあるそうです。
だからこそこの作品が生まれたんでしょうね。

物語は2人のルソー研究者の奇妙な経験が軸になっています。
それは今から17年前の事。
MoMAでアシスタントキュレーターとして働いていたティムはルソー展の準備とバカンスの仕度に忙しかった。

ある日自分のボスであるトムの下に奇妙な招待状が届く。
それは伝説のコレクターといわれるコンラート・バイラーの所蔵品の鑑定を依頼するというものだった。

宛名がなにかの手違いか自分の名前「ティム」となっていたことをチャンスと思い空路バーゼルへと向かうティム。
そこではもうひとりの鑑定人織絵・早川との出会いが待っていた。

鑑定することになった作品は「夢を見た」。
アンリ・ルソーの作品に違いないのだが、史実を見てもこの作品を描いた記録は一切ない。
というのも自分の勤めるMoMAにはこれと酷似している作品「夢」が所蔵されているのだ。

どちらかが本物でどちらかが贋物なのか?それともどちらも本物なのか?
正しく鑑定したものには「夢を見た」のハンドリング・ライトを譲渡するという。
つまり世界的な名画を自分の物にできるというのだ。

鑑定の際に読むように言われた一冊の本に記された秘密とはなんなのか。
本を読むことで正しい鑑定ができるというのか・・・

そこにティムが思いもしなかった思惑も絡み、名画の行く末が左右される。
自分のルソー研究者としての知識と、美術に対する情熱を総動員してこの名画を守る戦いにティムと織絵が挑んでいく。
はたして結末は・・・?!

正直読み始めは「キュレーターって何?」「ハンドリングライトって?」とはてなだらけでした。
美術の用語もわからないことだらけですし。
ちなみにキュレーターは学芸員、ハンドリングライトは取り扱いの権利のことで、所有している人の権利らしいです。

アンリ・ルソーとピカソの関係が重要な鍵を握るのですが、史実もうといため、どこまでが本当でどこから原田さんの
創作なのかさっぱりわかりません。

でもこの物語が壮大な愛の物語であり、芸術を愛した人々の温かさに満ちていることは確かです。
ラストの2人の静かなまなざしがとてもすてきな一冊でした。

芸術と愛に震えたい人はぜひ読んでみてください。

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いいたします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す