キレイだねって言われたい!40代でもあきらめない美活♪

元汚肌のアラフォー主婦です。美肌は作ることができます!ハリツヤあふれる美的生活を送りましょう♪

東洋医学の力

calendar

reload

東洋医学の力

日本には梅雨がありますが、毎日雨が続くのは嫌なものですよね。
雨は恵みの雨なのですが^^;
髪の毛は広がるし、泥はねも気をつけないといけないし・・・

何より湿気が体にもたまって知らずに不調の原因になるのがつらいです。
以前東洋医学について書いているマンガを読んでから、湿気が不調の原因になることを学びました。

昔からアトピーなので湿気の季節はつらいものでした。
どうしても汗がじっとりとしてあせもになりやすいし、あせもをかくとじくじくして治らない、痛い、かゆい、眠れない、という三拍子で悩まされていました。

「大原さんちの食う・寝る・ココロ」には季節ごとに体にあった食べ方をして健康に過ごす方法がわかりやすく書いてあります。
600 4
⇒ 大原さんちの食う・寝る・ココロ 東洋医学はじめの一歩

特に大原さんの奥さんは湿気の時期はかゆかゆのお肌なので、私と似てる~と思って読みました。

梅雨の時期は体にも湿気がたまりやすい。
同時に消化器の働きが鈍くなるということなので、過食は禁物ということです。
少食にして体の湿気を逃がす食べ物を食べることで、快適にすごすことができるそうです。

具体的にはごはんに麦を混ぜて食べたり、この時期おいしい空豆を食べるなど。
ゆでた豆は体の熱を取り、利尿を促してくれるそうで、汗をかきにくい梅雨の季節にはぴったりだそうです。

ほかにも利尿にいい大根やニンジン、セロリを野菜スティックで食べると、食感がよくて食べすぎも防げます。
汗と尿で体内の水分を出してしまうのがポイントなんですね。

脂っこい肉類や、生魚、牛乳などの乳製品と砂糖は、体内に湿気をとどめてしまうのでこの時期は要注意だそうですよ。
脂が毛穴に詰まると汗をかきにくくなりそうですし、熱がこもると熱中症も怖いですよね。

普段の生活に気軽に取り入れやすい東洋医学の食生活。
ちょっとずつ取り入れて快適な毎日をすごしましょー!

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いいたします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す