キレイだねって言われたい!40代でもあきらめない美活♪

元汚肌のアラフォー主婦です。美肌は作ることができます!ハリツヤあふれる美的生活を送りましょう♪

【遺産相続手続き】市役所での必要な手続きのまとめ

calendar

reload

【遺産相続手続き】市役所での必要な手続きのまとめ

祖母の葬儀が無事終わり、入居していた施設の方へのご挨拶もして預けていたものが帰ってきました。

あまり使っていないタオルケットや着替えなどは施設へ寄付してきました。
使い古しのタオルなども、施設で雑巾として使うらしく、すべてもらってもらったと話していました。

さて、今日は市役所の手続きです。

施設に預けていた年金手帳や障害者手帳、健康保険証、後期高齢者医療証など市役所に返却するものがあります。

葬儀費用の補助があると葬儀社の方が教えてくれたので、その手続きも一緒にします。

スポンサーリンク

まずは保険年金課へ。

葬儀費用の補助5万円を受け取るのは息子である父なので、申込用紙に父の名前を記入して印鑑を押します。

受け取りは振込みだけなので、銀行の口座番号を控えていくといいです。

健康保険証も返却なのですが、このときはまだ祖母が受けた診察の領収書がそろっていなかったので、後日医療費の還付を受けたあとに返却するか、こちらで破棄することになりました。

次は障害者手帳を返却しに、隣の福祉課へ。

障害者手帳を返したときには貼ってある写真を「お持ちになりますか?」と聞いてくれました。

白黒で小さな写真ですが、祖母のものなので捨てるのはかわいそうと思いもらって帰りました。
役所の方もやわらかくなりましたよね。

なるほど
市役所では、亡くなった方が持っていた保険証や手帳はすべて見せて、手続きする窓口を教えてもらうと早いと思います。

ひとつひとつ窓口が違うは面倒なのですが、自分で行こうと思ってうろうろすると余計に面倒になります。

私も、最初に年金手帳を返したときに担当の人に全部見せて、これは隣の福祉課ですよ、これはこちらでできますよ、と教えてもらいました。

このときは父も一緒に行ったので、銀行の手続きで必要になる父の住民票や印鑑登録証も一緒に取りました。

これは本人が行かないときは委任状が必要になるものもあるので注意が必要です。
印鑑登録証は登録したときのカードを持っていきましょう。

何度も市役所に行くのは大変なので、何が必要かメモを取って、一度に済ませることができるように整理しておくことをおすすめします。

遺産相続関係で市役所ですること

  • 保険年金課・・・葬儀費用の5万円が受け取れる。故人の健康保険証を返却
  • 福祉課・・・障害者手帳がある場合返却
  • 相続する人の住民票や印鑑登録を取っておく

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いいたします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す