キレイだねって言われたい!40代でもあきらめない美活♪

元汚肌のアラフォー主婦です。美肌は作ることができます!ハリツヤあふれる美的生活を送りましょう♪

年寄りの礼儀

calendar

reload

年寄りの礼儀

我が家では東京新聞を読んでいます。
最近思わずうなづいてしまった記事がありました。

「定年塾」というコーナーで、年配の方の体験を短くまとめた記事があるのですが、先日出ていたエピソードに共感しました。

70代の母親のお姉さんが亡くなり、お葬式をするのですが、一番上の80を越えたお姉さんが参列しないと言い出しました。
妹の葬式に出ないなんてと怒る母親をなだめてAさんが会いに行きました。

朝は来るまで迎えに来るし、式の後も自分が送ってくるから参列してほしいと話すと、お姉さんは言いました。
「今日は元気でも何日か前にはめまいがした。この年になると明日の体調が自分でもわからないから、行って何かあると周りの人に迷惑をかける。参列しないのが年寄りの礼儀なのよ。」

「年寄りの礼儀」と聞いてAさんもそれ以上は言えなかったそうです。

実はわたしはまだ40ですが、この言葉に共感してしまったんです。
以前から貧血で、調子のいいときと悪いときの差が激しいので今週や来週の予定が入ることが苦痛になるときがありました。

1日がんばってしまうと翌日はもう動けなくて、午前中でも布団に入らないとつらい。
買い物にはなんとか行かれても、それ以上は無理ということも。

例えば学校の役員で今月何回も学校に行かないといけないという時も、特に予定はないのですが、その日に体調がいいとは限らないので約束する事がつらいんです。

約束してしまってドタキャンするのも悪いし、それなら最初からいかないというほうが相手にも失礼にならないと思ってしまいます。
他の方が仕事があるから、とか予定があるからと断る中で、自分は体調が不安定だからと断るのは難しく、役員を選ぶときには欠席したりしてしのいだ時期もあります。

はっきりと病気であるわけではなく、自分の体調に自信が持てない状態って積極的に動く気力までなくしてしまうんです。
それを「年寄りの礼儀」という言葉でつつましく表現している方がいることを知って感動しました。

わたしは年寄りとはいえないから、周りの方に迷惑をかけないように貧血を改善していくようにがんばります。

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いいたします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す