キレイだねって言われたい!40代でもあきらめない美活♪

元汚肌のアラフォー主婦です。美肌は作ることができます!ハリツヤあふれる美的生活を送りましょう♪

迷ってしまう敬老の日のプレゼントにこんなアイデア

calendar

reload

迷ってしまう敬老の日のプレゼントにこんなアイデア

もうすぐ敬老の日ですが、はっきり言って疑問があります。
敬老って何歳から祝うんだろうって思いませんか?

我が家は息子が高校生になり、
父も母もすでに敬老の年にはなっていますが、いまだに敬老の日は何もしません。

SPONSORED LINK

だってねえ・・・自分のおじいちゃんたちにしていたことを
父親や母親にするのってなんか違和感が・・・

本当に自分のおじいちゃんおばあちゃんにあげるものならいいとして、
自分の親や義理の親にはなかなかあげにくい敬老の日のプレゼント。

下手すると「そんな年になったのか」としんみりしてしまいそう。

やっぱり実際に自分の孫たちからのプレゼントのほうが
素直に受け取るだろうということで、
孫からのプレゼントに焦点を当てて調べてみました。

まずポイントはじいじばあばの好みをさりげなく聞いて把握しておくこと。

お酒が好きならビールグラスやジョッキ、
コーヒーが好きならコーヒーカップ、
というように絞り込むことができます。

せっかくプレゼントするならその後も使っている様子のわかるものや
身につけられるものなら話も弾みます。

残るものが面倒という気持ちが少しでもあるなら、
食べ物やお花などの消える物にする方が無難ですね。

また、そこから一歩抜け出して一緒にお食事するという時間を
プレゼントする方法も喜ばれます。

今日はバイトも部活も休んだよ、
という気持ちだけでもジーンと来てしまいます。

孫に会えるだけでもうれしいですし、
普段はあまり行かないお店にみんなで
出かけるというのもお出かけ気分でうれしいのではないでしょうか。

お孫さんがまだ小さいならお手紙や絵を描いて
プレゼントするのもいいですね。
じいじやばあばの笑顔も思わずほころんでしまいます。

まだ赤ちゃんであれば、ママがひと手間かけて写真をプレゼントしましょう。

何枚か飾れる写真立てを購入して、
中にとびっきりかわいい赤ちゃんの写真をいれてプレゼントすれば、
その後もずっと飾ってくれますよね。

大きくなるにつれて写真も増えていくので喜びも増えるのではないでしょうか。

敬老だから、お年寄りの物を、を思わずに、
その方それぞれに喜んでもらえるプレゼントを考えて、
一緒に楽しい一日をすごしましょう。

>>> 楽天市場の敬老の日ギフト・プレゼント特集はこちら。

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いいたします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す