キレイだねって言われたい!40代でもあきらめない美活♪

元汚肌のアラフォー主婦です。美肌は作ることができます!ハリツヤあふれる美的生活を送りましょう♪

職業に貴賎はないというけれど。

calendar

今日の昼間、バカリズムさんと南海のヤマちゃん、オードリーの若林さん、俳優の坂上忍さん4人がMCをする番組を見ました。
怒りを飲み込む・・・とかがテーマだったような気がします。

最初が芸能レポーターの女性の方の言い分を聞くという感じだったのですが、

私はいわゆる芸能レポーターが嫌いです。

職業に貴賎はないというけれど、不幸があったお宅や被害者や遺族に心ない言葉を浴びせてマイクを向け、人のプライベートを切り売りしてお金を得る芸能レポーターという仕事はクズだと思っています。

その女性の方もそうだったのですが、言ってることがムチャクチャなんですよね。
もちろん有名な人のプラーベートを知りたい、恋人発覚は大スクープだと思う人もいるとは思います。
でも、芸能人なんだから写真を撮らせろとか、それも仕事のうちだとか、昔と違って写真が撮りにくくなった、芸能人としての自覚が足りないとか言うのはどうかと思います。

自分の仕事は正当なものだと言いたいのでしょうが、そうであれば、そんなムチャクチャな理屈をこねていないで、私は自分の仕事が人様のプライベートの上に成り立っている、私の写真によって人生を終わらせることになってしまった人がいるということも理解している、くらいの自覚を持った方がよっぽどいいと思います。

もちろん、結婚しているのに合コンに行ったとか、浮気をして写真を撮られる人も行いは悪いです。
でもそれによって不幸になった人もいるということは自覚して「私の仕事はそういうことです」くらい言って欲しいです。

私は悪くない!と言うその女性レポーター見ててイライラしてしまいました(((-’д-)y-~

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いいたします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す