IB-JP9-NとIB-HP9-Nの違いは3つ!シャープヘアドライヤー

ヘアケア

SPONSORED LINK

シャープの大風量ドライヤー「IB-JP9-N」と「IB-HP9-N」。

どちらも通販ランキングで上位に入っている人気のドライヤーです。

でも2つともよく似た見た目で、いったいどこが違うの?と疑問に思うことも。

こちらでは「IB-JP9-N」と「IB-HP9-N」の違いについて紹介しています。

また2機種の特徴やおすすめポイントについても書いています。

購入を迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。
(※2022年11月時点の情報です)

▼セット力やスピードノズルを重視するならIB-JP9-N

▼お得に購入するならIB-HP9-Nがおすすめ

IB-JP9-NとIB-HP9-Nの違いを比較

調べたところ、この2機種の違いはたった3つだけでした。

・発売年(IB-JP9-Nは2018年発売・IB-HP9-Nは2017年発売)
・セット力アップの有無(IB-JP9-Nはセット力がアップしている)
・スピードノズルの有無(IB-JP9-Nにはスピードノズルが付属している)

このほかのスペックは仕様書を見てもほぼ同等の性能のようです。

これはメーカーが製品の価格を調整するために行っているマイナーチェンジと呼ばれるもので、毎年新商品のシーズンに品番だけを変えて機能がほとんど変わらない製品を販売することがあります。

新商品が必ずしもアップデートされたというわけではないようです。

そのため古い機種は性能はそれほど変わらないまま”型落ち”となり、安く手に入れることができます。

セット力やスピードノズルを重視するならIB-JP9-N、よりお得に購入するならIB-HP9-Nがおすすめと言えそうです。

※IB-JP9-Nについて詳しくは「IB-JP9-Nの口コミレビュー!風量についても」の記事をご覧ください。

IB-JP9-NとIB-HP9-Nのセット力の違い

IB-HP9-Nが2017年発売、IB-JP9-Nは2018年発売で、IB-JP9-Nの方が機能が充実していそうですが、実は2つともほとんど同じです。

IB-JP9-Nの仕様書に新しく追加された機能は「セット力アップ」。

しかし、どのような機能でセット力がアップしたのか、詳しくは載っていません。

もともとIB-HP9-NとIB-JP9-Nには、プラズマクラスターが搭載されています。

プラズマクラスターはシャープ独自の技術で作り出されたもので、空気清浄機に利用されていることでも有名ですよね。

髪にうるおいを与え、乾燥から髪を守ってくれます。

また静電気を抑え、イヤなニオイがつくのを防いだり、頭皮や汗のニオイを抑える効果も。

またIB-HP9-N、IB-JP9-N両方に搭載されている「ビューティーモード」は、温風と冷風を交互に自動で切り替えることで、髪のキューティクルを整えてくれます。

自分で冷風にしなくても自動で温風と冷風が切り替わるので、ツヤのあるサロンのようなブローをすることが可能です。

IB-JP9-Nには「朝のセットがラクになった」「髪がしっとりしてまとまりやすくなった」という口コミが多いことから、プラズマクラスターやビューティーモードの効果でセット力がアップしているのかもしれません。

とはいえ、この機能は旧番のIB-HP9-Nにも搭載されているので、2機種のセット力の違いはそこまでないという可能性もあります。

より美髪効果を感じたい、頭皮改善効果やフケ・かゆみを抑えたいという場合は、高位機種のIB-JX9KやIB-HX9Kを検討してみても良いかもしれませんね。

IB-JP9-NとIB-HP9-Nのスピードノズルの違い

IB-JP9-NとIB-HP9-Nに共通してついている付属品は、
・セット用ノズル
・ユニット清掃ブラシ

です。

IB-JP9-Nには、これにプラスして
・スピードノズル
がついています。

IB-JP9-Nのスピードノズルは、燕尾服の裾のようなユニークな形をしています。

これはシャープによると「アマツバメの尾」からヒントを得た形で、ロングヘアの乾燥時間をおよそ20%も短縮してくれるスピード仕様のノズルだそう。

髪が多かったり長かったりで乾かすのが大変という方や、少しでも速く乾かしたいという方は、スピードノズルがある方が便利かもしれませんね。

>>IB-JP9-Nについて詳しくは「IB-JP9-Nの口コミレビュー!風量についても」の記事をご覧ください。

一方で、スピードノズルのないIB-HP9-Nの口コミでも「乾くのが速い」という意見があります^^;

ショートヘアの方や男性など、スピードノズルなしでもOKな場合は価格重視でIB-HP9-Nを選んでもいいかもしれません。

そのほか2機種に共通しているセット用ノズルは、風を集めてピンポイントで髪に当てられるようになっていて、毛先だけに当てたい時など使いやすい形になっています。

髪を速く乾かす付属品は後発のIB-JP9-Nの方が充実しているので、速乾性を求める方はIB-JP9-Nがおすすめと言えそうです。

IB-JP9-NとIB-HP9-Nの違いのまとめ

以上の比較から、それぞれの機種の違いをまとめました。

・IB-JP9-Nの方が新しい機種

・プラズマクラスターやビューティーモードなどはどちらにも搭載されている

・仕様書ではIB-JP9-Nに「セット力アップ」とある
(ただし新機能かは不明)

・IB-JP9-Nには速乾性スピードノズルが付属している
(ただしIB-HP9-Nも速く乾くという口コミがある)

・性能にはほとんど違いがない

IB-JP9-Nはこんな方におすすめ

・家電は新しい方が好き
・髪を速く乾かしたい
・大風量でも髪にやさしいドライヤーが欲しい
・サイズは大きめでもいい
・価格はちょっと高くてもいい

IB-HP9-Nはこんな方におすすめ

・ちょっと古い機種でもOK
・髪は普通に速く乾けばいい
・大風量でも髪にやさしいドライヤーが欲しい
・サイズは大きめでもいい
・安くて性能がいいのが一番!

2機種の大きな違いは「発売年」と「スピードノズルの有無」。

そして「実売価格」です。

プラズマクラスターの機能やドライヤーとしての性能にはほとんど差がないため、「速乾性」を重視するならIB-JP9-N、「価格」を重視するならIB-HP9-Nがおすすめと言えそうです。

どちらも機能と価格のバランスの良いところが人気なので、自分の生活スタイルに合った機種を選ぶといいかもしれませんね。

>>楽天のヘアドライヤーランキングはこちら

 

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いいたします!

アンチエイジングランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました